QUALITY

品質管理

農場管理

サプライヤー各社は農薬、肥料等の資材購買履歴、農薬散布、施肥等の使用履歴を厳重に管理し、加えて土壌・水質管理を加え総合的な栽培管理体制を構築しております。
また供給面においては国営農場内に専有農地を持つ工場をはじめ、ほとんどのサプライヤーが自社農場を持ち、品質管理体制と安定供給体制を両立させております。

  • SELFの農場管理
  • SELFの農場管理
  • SELFの農場管理

工場管理

すべてのサプライヤーは製造工程管理にHACCPを導入し、ISO9001、22000といった品質マネジメント関連規格の認証を取得しております。また、サプライヤー各社は原料の特性を理解した工程管理を行っております。最新鋭の加工設備を導入と並行して徹底した原料選別を行い、さらなる品質改善に日々取り組んでおります。

  • 1原料検収

    品質や規格のばらつきがないか確認します。

  • 2選別

    回転式の選別機を使用し、その後野菜のサイズ、重量、品質別に手作業で仕分けします。

    回転式の選別機を使用し、その後野菜のサイズ、重量、品質別に手作業で仕分けします。
  • 3浸漬

    虫を駆除します。

  • 4異物除去

    手作業で異物を除去します。

    生産ラインに設置された濾過装置で、毛髪を濾過します。
  • 5洗浄

    土砂、異物を除去します。

    土砂、異物を除去します。
  • 6ブランチング

    酵素活性の抑制によって変色を防止するため、加熱処理します。

    酵素活性の抑制によって変色を防止するため、加熱処理します。
  • 7予冷

    段階的に原料の温度を10℃以下まで下げていきます。その後水切りを行い、凍結工程前に異物を除去します。

  • 8凍結

    -30℃以下で急速冷凍を施します。

  • 9包装加工

    衛生的な環境下で包装作業を行います。

  • 10金属探知機

    梱包ラインのコンベヤーに金属探知機を設置し、金属性の異物が入っていないか確認します。

    梱包ラインのコンベヤーに金属探知機を設置し、金属性の異物が入っていないか確認します。
  • 11梱包

    製品の箱詰め作業を行います。

    製品の箱詰め作業を行います。

検査体制

サプライヤー各社は農薬、肥料等の資材購買履歴、農薬散布、施肥等の使用履歴を厳重に管理し、加えて土壌・水質管理を加え総合的な栽培管理体制を構築しております。
また供給面においては国営農場内に専有農地を持つ工場をはじめ、ほとんどのサプライヤーが自社農場を持ち、品質管理体制と安定供給体制を両立させております。

検査体制